愛知学院大学 歯学部
TOP PAGE アクセス MAP
研究活動に係る不正行為の告発等
ハラスメントの防止及び対策に関するガイドライン
AGUD PORTAL SITE
微生物学講座[楠元2階]
教育 歯科領域の二大疾患−う蝕と歯周疾患−の発症には、口腔内に常在している細菌が深く関与している。
ヒト口腔内には、数百種類もの微生物が生息しており、う蝕や歯周疾患をはじめ、様々な疾患の発症に関与している。したがって、歯科医師には、口腔微生物の種類や特徴、および病原性についての高度な知識が求められる。
多くの感染症は口腔あるいは口腔粘膜を介して感染する。また、全身性感染症において、口腔内に症状を呈する疾患も多数存在する。したがって、口腔微生物に留まらず、一般感染症についても広く知識を修得する必要がある。
一方、微生物学の教育を通して、感染防御や制御の重要性を理解する事も大切な事である。
微生物学は、細菌学、口腔細菌学、ウイルス学、免疫学などで構成されている。
学生諸君は、これらの基礎的なことがらを学ぶことになる。
研究 主に歯周疾患の原因菌が保有する病原因子に関して、分子生物学的手法で研究を行っている。
しかし、広く微生物学・口腔細菌学の諸問題に関心を持っており、興味深いと思われる新しいことがらにも随時取り組んでいる。
詳細サイト  教育・研究に関するより詳しい情報は、こちらの 詳細サイト をご覧ください。
メール
資 格 氏 名  
准教授 吉田 康夫
准教授 永野 恵司
講師 長谷川 義明
講師 (西川  清)
愛知学院大学 歯学部〒464-8650 名古屋市千種区楠元町1-100TEL 052-751-2561(代)

Copyright(C)2011 School of Dentistry,Aichi Gakuin University All Rights Reserved
個人情報保護方針